恋愛テクニック

女心がわからない男子たちへ!女心を解説します!

更新日:

女心が理解できない…

昨日と同じことしただけなのに、今日はご機嫌損ねて…。

「何かした?」

「俺が悪いの?」

言うことはコロコロ変わるし。

何を考えているかわからないし。

女心は、複雑なようです。

でも、諦めないでください。

女心の特徴を知ると、意外と単純に思えてくるものです。

「女は男と違う生き物」

男と女。

同じ人間ですが、思考回路はまったく違います。

違う生き物なのです。

こんな経験ありませんか?

男「体調悪いの?」

女「ううん、別に。元気だよ。」

男「そっか、それならいいけど」

それから、しばらく女性の機嫌が悪い…なんてこと。ありませんか?

実は、女からすると、この場合、男が悪いのです。

「男は何も悪くない!」と思ったあなた、女心がわからない男だと言われてしまいますよ。

では、男性がどうすればよかったのでしょう?

正解は、これです。

男「体調悪いの?」

女「ううん、別に。元気だよ。」

男「うそつけ(微笑) 何かあったんだろ?顔見れば、すぐわかるよ。」

女「大したことないよ。」

男「仕事か?何があった?」

女「…うん、実はね。…」

これが、正解です。

「何がどう正解なの?」

「こんな会話、面倒くさい!」

そう思ったあなた、今から女心を勉強しましょう!

女性は、男性と違い、口から出る言葉と本音は違うことが多いのです。

自分から、素直に思っていることを伝えられない生き物なのです。

だから、男性に察してほしいのです。

「本当は、こう思ってるの!気付いて!」…と。

おそらく、女性特有の「常に愛されたい」という欲求のせいでしょう。

その欲求は、男性の性欲にも似ています。

女性も、頭では、素直になりたいと思っているのです。

しかし、欲求が抑えられず、こんな裏腹な行動になってしまうのです。

裏腹な行動をとりながら、男性の愛情の深さを試しているのです。

常に、本気で愛されていると確信していたいのです。

面倒くさい生き物ですね。

でも、安心してください。

裏を返すと、「本気で愛してるよ」と伝え続ければいい。それだけです。

それは、言葉だけでなく、行動でも伝えられます。

本気で愛している=誰よりも大事に思っている="レディーファースト"です。

バッグを持ってあげたり、車道側に立ってあげたり、椅子を引いてあげたり…。

レディーファーストさえ心掛けていれば、あなたはもう、"女心のわかる男"です。

「女心と秋の空」

「可愛いね」と言ってあげたら、一昨日は喜んでたのに。

「可愛いね」と、昨日も同じように言うと、なんかリアクションが薄い…。

「可愛いね」と今日も言ってみたら、なぜかムスッと膨れてしまった…。

似たような経験がありませんか?

彼女ができて、寂しい思いをさせないために、毎日のように、会いに行った経験はありませんか?

もしかしたら、あなたは、女心のわからない男子かもしれません。

今までの損してしまう行動を終わりにしましょう。

女は、感情で動く生き物です。

男性と付き合ったり別れたりなど、大事なことまで、その時の気分で決めてしまう生き物なのです。

まず、女性は、日によって気分や感情が変わるので、毎日会いたい人が変わります。

例えば今日は彼氏といたいけど、明日は友達と話したい。

明後日は、職場の同僚と語りたい気分になるかもしれません。

だから、毎日会おうとすると、うっとうしく思われてしまいます。

適度な距離が必要なのです。

次に、女性が一度喜んだからといって、同じことをし続けるのはただの自己満足になってしまいます。

女性の気分は、毎日変わります。

喜ぶポイントも、毎日変わります。

例えば、「そのピアス、可愛いね」

「髪アップにするのも似合うね」など、細かく褒めてあげると、失敗しにくいですよ。

実践練習は、気軽にスマホで!

あなたは、女心のわかる男性になりました。

あとは、実践あるのみです!

では、まず、理想の相手と出会いましょう。

おすすめの出会いの方法があります。

マッチングサービスアプリ"YYC"です。

なんと1000万人以上が登録している、国内最大級のアプリです。

だからこそ、理想の相手が見つかりやすいのです!

アプリのダウンロードや登録、投稿などが無料でできます。

掲示板やメール、つぶやきなどコミュニティーが充実しているのです。

まずは、そのアプリ上で、女性と気軽に会話してみませんか?

10年以上の実績がある、人気のアプリなので、安心ですよ。

何よりも、普段出会えないほど、たくさんの出会いが待っています。

まとめ

女性は、常に愛されたい欲求があることがわかりました。

女性は、コロコロ気が変わる生き物だわかりました。

「面倒くさいな〜!」

「思ったことそのまま口の出せよ!」と、どうかイラつかないでください。

女性も、自分たちが面倒な生き物だと自覚しているはずです。

でも、欲求が抑えきれずに、こんな矛盾した行動をとってしまうのでしょう。

どうか、心を広く持って、レディーファーストに扱ってあげてください。

細かく褒めてあげてください。

きっと、喜んだ笑顔が可愛いと思えるはずですから。

  • この記事を書いた人

佐藤 千亜希(27歳)

恋愛アドバイザー 創業8年 『女性は今すぐにでもいい人がいれば付き合いたい!』そう思っています。このサイトを通じて、一人でも多くの男性と女性が付き合うために皆様に伝えていきます。

-恋愛テクニック

Copyright© 彼女の作り方を解説! , 2020 All Rights Reserved.